マタタビ採取へ

秋から足早に冬へ向かう岩手です。



本日は、愉快な仲間たちと供に
マタタビ採取へ。
マタタビの実を目印に枝や蔓を採って
いきます。



真っ直ぐな枝を求めて格闘しましたが
改めてマタタビ採取が大仕事だと
いうことを確信しました。

ちなみに、さすが先生!
一人黙々と、たくさんの蔓を採って
いました(笑)



サルナシやあけび、山葡萄もあり
山の恵に感謝した一日でした。

箸入れ

久しぶりに頭を抱えて悩みました。



箸入れを制作。
お分かりになる方も
いらっしゃるかもしれませんが…
ベースは、伝統的な「角ツボケ」の
編みを使っています。
すず竹を極限まで薄くし、持ち歩き
やすいように軽くしました。

・・・・・・・・・・・・・・・
そろそろ、本格的な竹採りも始まり
ます。
8月下旬、山をノロノロ運転で走って
いたところ、突然目の前に熊が…
熊は走り去って行きましたが、
もちろん、車のフロント部分には
亀裂が入っていました。

車の中にいた三名とも、
しばらくの間、恐怖による硬直状態
でしたが、熊も人間も無事で
良かったです。
今年は熊を二度、目撃しているので
竹採りも注意して行いたいと思います。

箸入れは今のところ、海外でのみの
販売とさせていただきます。
国内での販売は、来春頃から検討中
です。
どうぞよろしくお願いいたします。



↑ご注文の品も、少しずつですが
 発送を開始しました。
 お待たせしておりますお客さま、
 もうしばらくお待ち下さい。

縄文時代の名残り

ここ最近、銭かごのベースとなる形を
ひたすら作る日々を送っています。



八戸にある是川縄文館には、先生が
復元を手掛けた籠が展示されている
こともあり、何度も訪れていました。
そこには、銭かごと同じような形の
籃胎漆器も展示してあって、強い
感動を覚えたり。
それ以来、作り続けてきましたが
最近は久しぶりの制作になります。



↑A4サイズがぴったり入るハコモノも
少しずつ出来上がってきました。



すっかり日が短くなりましたが、
ひまわり畑に偶然、遭遇。
そろそろ竹採りの始まりです。

縁巻き用の竹採りへ

先日、お盆前に縁巻き用の竹採りへ
行ってきました。
採ったらすぐに、四つに割る作業に
とりかかります。



雨続きで、あまり天日干しができない
のが残念ですが…



現在、ステキなご縁をいただきまして、
秋の出品の準備を。
私で大丈夫だろうかと、不安と葛藤の
日々を送っております。
詳細は後ほど、またご案内したいと
思います。



掲載誌のお知らせ/ nice things

毎号、楽しみにしている雑誌に
掲載していただきました。



取材の日はとても暑く、竹採りの撮影も
あったので大変だったと思います。
一つひとつの言葉を丁寧に選びながら、
質問して下さいました
ライターの田中さん、
とってもパワフルな女性カメラマンの
斎藤さん、
本当にありがとうございました!



誌面では、ステキな方々とご一緒させて
いただいております。
ぜひ、ご覧下さい。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR