縄文時代の名残り

ここ最近、銭かごのベースとなる形を
ひたすら作る日々を送っています。



八戸にある是川縄文館には、先生が
復元を手掛けた籠が展示されている
こともあり、何度も訪れていました。
そこには、銭かごと同じような形の
籃胎漆器も展示してあって、強い
感動を覚えたり。
それ以来、作り続けてきましたが
最近は久しぶりの制作になります。



↑A4サイズがぴったり入るハコモノも
少しずつ出来上がってきました。



すっかり日が短くなりましたが、
ひまわり畑に偶然、遭遇。
そろそろ竹採りの始まりです。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR