岩出山竹工芸館 in宮城

宮城県大崎市にある岩出山竹工芸館
では、主に篠(しの)竹を使って
いますが、お一人だけすず竹で目籠を
作る方がいらっしゃいます。
今日は、その方に会いに岩出山へ。



いつかお会いしたいと思いながら
随分年月が経ってしまいましたが、
岩出山で竹細工を学ぶ秋山さんとの
ご縁もあり、紹介していただける
ことになりました。
案の定、話は尽きず帰りたく
なくなってしまいましたが(笑)

秋山さんは、今年の4月から愛媛に
活動拠点を移されるそうです。
それを知った時、貴重な人材が
東北から去ってしまうことを
とても残念に思っていました。
またいつか、東北に戻られることを
願って、愛媛でのご活躍を楽しみに
しています。

秋山さん、そしてすず竹のCさん、
竹工芸館の皆さま、このたびは、
ありがとうございました!






「いわてのZINE Acil」さん

狭い所で恐縮です…
本日、「いわてのZINE Acil」の
ライター佐藤さんにお越しいただき
ました。



「心と身体と環境の調和」をテーマに
岩手県内を丁寧に取材している
「Acil」さん。
ちなみにZINE=小冊子、Acilはアイヌ語
で「新しい」の意味だそうです。
次号もとても楽しみです!
発売になりましたら、また詳しく
お伝えしたいと思います。

佐藤さん、本日はありがとうござい
ました。
そして猫がうるさくて、すみません
でした(笑)





ワークショップ@ひめくり 2Days

雪も降らず、穏やかな天気に恵まれて
「shop+spaceひめくり」さんでの
ワークショップは終了いたしました。
写真が全く撮れなかったので、
ステキな店内をご覧ください。



2日間で計12名の方々にご参加
いただきました。
遙々、秋田からも来て下さったり。
もっともっと丁寧にお伝えしたかった
と心残りもありますが…
ご参加いただきましたお客様
そして店主の菊池さん、
本当にありがとうございました!


ご参加いただきましたKさま方、
また飲みに連れて行って下さいね。
よろしくお願いします(笑)



2/5~は、猫好きにはたまらない
イベントが「ひめくり」さんや
喫茶「carta」さん、「Dining&Bar
九十九草」さん、今年こそは作り
たい立体ぬり絵の「prop」さんで
開催されるそうです。

てくりさんの最新号も、近々発売
なので、こちらも楽しみ!
詳しくは、「ひめくり」さんのブログ
やFacebookをご覧ください。



ワークショップ in 盛岡

盛岡初となるワークショップの
日が近づいてきました。
お天気も良さそうなので少し
ホッとしております。

お茶の時間には、素材にこだわった
製品作りで有名な北九州市小倉に
ある「卵家」さんのお菓子をご用意
しました。



↑実は、美容家のIKKOさんも
 オススメのカステラ。



↑クッキーも濃厚な味です。



↑おぼけの解説書もご用意しました。
 ちなみに今回は、テーブルの上で
 簡単に出来るように工夫しています。

ご参加いただきます皆さま、
どうぞ足元に気をつけて、お越し
下さい。
「ひめくり」さんで、心より
お待ちしております。


〈キャンセル待ちのお客様へ〉

今回は、ご参加いただけませんが
「ひめくり」さんのお店の方は
通常営業しております。
お近くにお越しの際はぜひ、
お立ち寄り下さい。
このたびは、お申し込みいただき
まして本当にありがとうございました。



納品のお知らせ

2016年、最初の納品となります。
本日、東京駒場にある「日本民藝館」
さんへ商品を発送しました。
ご注文をいただきまして、ありがとう
ございました。

どこか懐かしさを感じながらも、
新鮮味溢れる籠をー
製作のヒントをいただいている
博物館や民俗資料館の中には
地元の郷土史家さんなどにより
ボランティアで運営している所も
少なくはありません。
籠を通して、資料館や博物館へ
少しでも興味を持っていただけると
嬉しいです。



写真の壁に掛かっているのは、
「工房からの風」ワークショップ
でも製作しました「蕎麦ザル」。
一枚で何役もこなす、優れもの
です。



2016年を迎えて

明けまして、おめでとうございます。
穏やかな新年を三陸で迎えました。



「作れば作る程、怖くなる時が
あるんだ」
ある名人の方がおっしゃっていた
言葉です。
雲の上の存在でもある名人に
怖いものがあるのだろうか…
その時は何も分からずに、その場を
後にしました。
今なら、その言葉の意味が少しだけ
わかるような気がします。

様々な商品が溢れる時代に、
モノ作りに対して畏敬の念を抱き
作り続けている名人。
その想いが一人ひとりの心に響き、
愛される籠作りへと繋がっている
のではないでしょうか。

そんな作り手の一員に、少しでも
近づけるように2016年も駆け抜けて
いきたいと思います。
本年もよろしくお願いいたします。

          橋本 晶子



↑陸前高田の奇跡の一本松。
あまりの存在感に、思わず涙が
溢れてしまいました。
復興まで、まだまだ時間がかかり
そうです。

帰宅後に嬉しかったのは、気仙沼の
カフェKーportより俳優の渡辺謙さん
直筆の年賀状が届いていたこと。
我が家の家宝にします!

〈お知らせ〉
ひめくりさんでのワークショップは、
現在キャンセル待ちをいただいて
おります。
たくさんのお申込み、ありがとう
ございました。



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR